共通メニューを読み飛ばすリンク

本文へ

アクセシビリティへの対応策とメリット、デメリット

ウェブアクセシビリティを実践したい!でも、どうしたら良いですか?

アトリエ・ランダムにご相談ください!

アクセシビリティのメリット・デメリット

メリット 

ウェブ弱者でもアクセスが容易である。

古いデバイスから新しいデバイスまで幅広い端末でアクセスが容易である。

W3Cに合格し、JIS規格構文で記述することで検索サイトに優良サイトと判断される。

読み上げソフトによる正しい読み上げと重複読み上げの低減。

 

デメリット 

見た目のデザインがシンプルになりがちで、テキスト文章が平素な言葉になってしまう。

チェックを通すために時間とコストがかかってしまう

アクセシビリティが、どの段階まで必要なのか判断基準が必要となる。

本来の情報量を遥かにしのぐ量のデータが必要になる場合もある。

 

アクセシビリティへの対応策

  1. 聞く為、見る為の内容には、同等の役割を果たす代替えとなる物を提供する。
  2. 色だけに依存しない。
  3. 正しくタグ付けし、適切にスタイルシートを使用する。
  4. 自然言語の取り扱い方に関する情報を明確に示す。
  5. 適切に変換されるテーブルを作る。
  6. 新しい技術を利用したページは、古い技術でも変換されるようにする。
  7. 時間とともに変化する内容については、ユーザーが制御できるようにする。
  8. ページ中に組み込まれたユーザーインターフェイスは、それ自体がアクセシブルなものにする。
  9. 装置に依存しない設計する。
  10. 暫定的な解決策をとる。
  11. W3Cのテクノロジーとガイドラインを使用する。
  12. 前後関係や位置を表す情報を提供する。
  13. はっきりとわかるナビゲーションの仕組を提供する。
  14. 文書は明瞭で簡潔なものにする。

もちろん健常者にも

これらを考慮した上で、

健常者にも解りやすく、目的の情報にたどり着きやすいサイト作りが求められます。

トップページへ > アクセシビリティ/アクセシビリティへの対応策とメリットデメリット